ご挨拶

 

当社は、セイコーインスツル株式会社の半導体事業を分社化し、株式会社日本政策投資銀行(DBJ)との共同出資により設立、2016年1月にエスアイアイ・セミコンダクタ株式会社として新たにスタートしました。

DBJが持つ幅広いネットワークやM&A戦略ノウハウなどを活用し、半導体業界においてグローバル・プレゼンスを有する企業を目指します。

私たちは、世界初となるCMOS ICを搭載したクオーツウオッチの実用化を起点に、CMOS ICの自社開発、製造を開始。以来、時計用はもちろん、様々な民生機器や携帯機器、車載機器向けに小型、低消費電力、高精度のアナログ半導体製品を提供し、豊かで快適な社会づくりに貢献してまいりました。

今後さらに加速するクルマの電子化や、IoT(Internet of Things)社会の実現に向けて、アナログ半導体の果たす役割はますます重要になってくると考えています。

私たちは、これからも従来と変わらぬ高品質な半導体製品およびサービスをお客様にお届けするとともに、お客様のニーズや社会の課題に応える最適なソリューションを提供するよう全力を尽くしてまいります。

 

代表取締役会長 藤井美英、代表取締役社長 石合信正

Next » ビジョン