RTC – リアルタイムクロックICのご紹介

 

リアルタイムクロックは各種機器において、時計機能をつかさどります。時計機能は、電源がオフであっても常に動作します。携帯機器においては、電池寿命のロングライフのために、このリアルタイムクロックの低消費電流化が重要です。 エスアイアイ・セミコンダクタのリアルタイムクロックICは、0.25µAの計時消費電流と、1.1V計時動作電圧によってバッテリーの持続時間を大幅に改善します。 さらに、高精度クロック補正機能、32kHz常時出力、ウェイクアップ信号、拡張アラーム、24ビットアップカウンタなどのシステム全体のソリューションも各種提供します。 機器の小型化のために、超小型パッケージのWLP、SNTを採用し、世界最小レベルのリアルタイムクロックICを実現しています。

1. 0.25μAの超低消費電流

SIIだからできる! 0.25μAの超低消費電流と、1.1Vの計時動作電圧で電池のロングライフを実現0.25µAの超低消費電流と1.1Vの低電圧動作を実現しました。バックアップ用リチウムイオン二次電池(3.4mAh)を使用した場合、最長で13,000時間の長時間駆動が可能です。さらに使用する電池を小型化でき、高密度実装を可能にします。

2. 高精度クロック補正機能

高精度クロック補正機能 グラフ水晶振動子の周波数偏差を最小分解能=1ppmの高精度で広範囲に補正可能です。温度センサICと組み合わせることにより温度変化に対応したクロック補正値を設定することができ、時計の進みや遅れを高精度に補正します。

3. 32kHz常時出力など各種ソリューションを提供

32kHz常時出力図● 32kHz常時出力(CPUなどへ32.768kHzのクロック出力) RTCに内蔵した発振回路から、CPUなどへ32.768kHzのクロック出力が可能です。この出力を使用することで、水晶振動子が不要になり、部品点数削減を可能にします。

ウェイクアップ信号でCPUを起動● ウェイクアップ信号でCPUを起動 SW入力端子やアラーム割り込みからの入力などにより、ウェイクアップ信号(アクティブハイ)を送信してCPUを起動します。 それによってシステム全体の低消費電力化が可能です。

● 拡張アラーム割り込み機能 長期間設定可能! 全製品に搭載されている曜日、時、分に加えて、年、月、日のアラーム割り込み機能を用意しました。

● 24ビットバイナリアップカウンタ 約30年まで把握可能! 電源投入時から60秒ごとにカウントアップし、経過時間を約30年まで把握できます。

4. 超小型パッケージ 世界最小レベルのRTCを実現!

WLP-12A, WLP-16A, SNT8A超小型のWLPパッケージ、SNTパッケージを採用し、従来のパッケージに比べ実装体積、実装面積とも大幅ダウンしました。 高密度実装を可能にします。 WLP-12A: 1.97×1.84×0.6 mm WLP-16A: 1.97×2.13×0.6 mm SNT-8A: 2.5×2.0×0.5 mm